セール
クリアランスセール
  • menu
search

革について

ABOUT LEATHER

A de Vivreでは、革本来の良さを引き出すため、以下の状態の革を使用しています。
この特徴こそが天然皮革である証であり、この風合いがA de Vivreのデザインを支えています。

革について

シワ 動物の革にもシワが存在します。“シュリンク”と呼ばれ、天然のシュリンクでは量が少ない場合、型押しでシワを施したものもあります。

革について

血すじ 血管が皮膚のすぐ下を通っていた跡がそのまま残ったもの。特にヌメ革のように自然の風合いをそのまま活かした仕上げの革によく見られます。
染め上げると、葉脈のような美しい模様が浮き出ます。

革について

革の繊維の密度や厚みの違いによって、色の濃淡が出ます。一枚一箇所として、同じ染め具合のものはありません。
もっとも革らしいと特徴の一つです。

KIND OF LEATHER

A de Vivreで使用している革を紹介します。
革といっても、様々な大きさと性質がありデザインによって使い分けています。

牛革について

カーフ: 生後6ヶ月以内の子牛の革。滑らかで銀面が細かく、薄い。キズも少ないので最高級の皮革素材。
キップ: 生後6ヶ月以上2年以内の中牛の革。まだ子供なので銀面が細かく、怪我等のキズも少ない。カーフより厚みがあり、強度がある。
カウ: 生後2年以上の経産した成牛の革。厚み、銀面、丈夫さともにキップとステアの中間。
ステア: 生後3~6ヶ月の間に去勢され、生後2年を経た成牛の革。判が大きく、強度に優れている。
ブル: 生後3年以上の去勢されていない成牛の革。牛革の中では最も銀面が粗いが、厚くて丈夫。靴底に使用されることが多い。
ハラコ: 毛付きの中では最高級の革。毛足が短く、美しい光沢とすべすべの手触りが特徴。
山羊革について

山羊

キッド: 子山羊の革。革質は薄手で軽く、銀面が美しい。感触も柔らかく丈夫。
ゴート: 繊維が緻密で硬く、薄いわりに強度がある。耐摩耗性・弾力性に優れ、型崩れしにくい。独特の銀面を生かした仕上げの革が多い。
羊革について

ラム: 生後1年以内の子羊の革。感触の柔らかさは最高。軽く、柔らかいので衣類にしても着心地と馴染みが大変良い。
シープ: 毛穴が小さく、肌目が細かく、薄くて柔らかい。シルキー(起毛)に仕上げたものがよく使われる。
豚革について

ピッグ: 耐摩耗性に大変優れ、軽く通気性が良い。3つに並んだ毛穴が特徴。裏側に使用されている。